FXに必要なテクニカルって何?

f:id:TomyFX:20210211144143j:plain

FXに必要な「テクニカル分析」

 

「知ってるけどよくわからない」「複雑すぎて難しい」という方は多いと思いますが、「実際にしっかり理解して活用できている」という方は少ないのではないでしょうか?

 

FXはなんとなく自分の勘で取引していても、ある程度の収益を出すことはできても、安定して勝ち残ることは難しいです。

 

しかし、しっかりと分析をしてトレードすれば、安定して収益を上げることも可能です。

 

そこで今回はテクニカル分析についてまだよく分かっていないという方向けに、テクニカル分析とは何かを具体的に解説していきます。

 

f:id:TomyFX:20201224223629j:plain
f:id:TomyFX:20210210093651j:plain
f:id:TomyFX:20210210093701j:plain
f:id:TomyFX:20201224223629j:plain
f:id:TomyFX:20201224223241j:plain
f:id:TomyFX:20201224223620j:plain
f:id:TomyFX:20201224223640j:plain
f:id:TomyFX:20210110135650j:plain
f:id:TomyFX:20210110140048j:plain

 

トレードルールはこちらで特集しています

FXで勝つために必要なトレードルールとは?ルールの決め方は? - Tomy FX ~専業トレーダーのブログ~

FXにおける2つの分析方法

f:id:TomyFX:20210110114740j:plain

FXの相場を予想する場合に使われる主な分析手法は、大きく分けて「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがあります。

 

このどちらを使うかはトレーダーによって異なりますし、トレード歴が長い方はどちらも使うという方もいらっしゃいます。

 

ただ、まだ知識があまりない方や分析を初めて行うという方は、一度に両方勉強するのは大変なのでどちらかに絞って勉強して分析を行う方がよいでしょう。

 

ではここからはこの2つの分析方法について具体的に解説していきます。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、チャートを使った分析方法です。

 

過去のチャートを見るとその時の値動きが示されています。

 

その値動きを見て今後どのような変動をするか予測をするという方法です。

 

相場には投資家達の思考が示されています。

 

チャートは世界各国同じで、同じ値動きを見て投資家は判断し投資をするので、過去と同じような事例がまた起こるという想定で分析をするという方法です。

 

チャートの見方と分析方法を学べば、どなたでも比較的簡単に行うことができるので、初めての方はテクニカル分析から始めてみる方が始めやすいと思います。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、世界各国の金融政策や経済状況を活用した分析方法です。

 

一般的には政治が安定していて景気が良くなっている国の使っている通貨は価格が上がり、政治が不安定で景気が悪くなっている国の使っている通貨は価格が下がる傾向にあると言われています。

 

この理屈を元に、発表される経済指標や政府の発言等を分析し、今後の相場の動きを予測します。

 

ファンダメンタルズ分析を行っている方は、海外のニュースやTwitter、海外の新聞等からの情報を集めたりして、いち早く今後の国の動向を探り、相場の予測をしています。

 

過去に同じような展開があることは少ないので、今ある情報から予測することが必要になり、いきなり初心者が取り組むのはなかなか難しい手法だと言えます。

 

ただ、相場の動きと各国の動きは大きく繋がっているため、FXの取引に慣れてきたらぜひ取り入れてみてほしい分析方法です。

 

よく使われているテクニカル指標

f:id:TomyFX:20210110115030j:plain

テクニカル分析を行う上で使用されるのがテクニカル指標です。

 

いくつかのテクニカル指標を組み合わせて相場を分析することによって、次にどのような動きをするのか予測することができます。

 

テクニカル指標はたくさんありますが、ここではよく投資家の方に使われている3つのテクニカル指標をご紹介していきます。

 

最初から次の相場を確実に読むのは難しいと思いますが、自分が分析しやすいものから取り組んでみて、少しずつ精度を上げてみてくださいね。

移動平均線

移動平均線とは、チャート上に示されている一定期間の終値の平均値を計算して、線でつないだものを指します。

 

チャート上で価格の値動きはローソク足で示されているので、慣れないと見にくいと思う方も多いと思います。

 

そんな場合は移動平均線を使って1本の線にすることによって、トレンドや過去の相場との比較が簡単になります。

 

移動平均線は相場が上がった時に買って下がった時に売るという順張り方式のトレードスタイルに向いているテクニカル指標です。

 

順張りだとFXでの取引にあまり慣れていないという方でも行いやすいので、始めてテクニカル分析を取り入れる場合には移動平均線から始めてみるとよいでしょう。

MACD(マックディー)

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」を略したもので、日本語で言うと移動平均収束拡散という意味です。

 

これだと何のことだかよくわからないと思いますが、簡単にいうと移動平均線を2つ利用して判断することで、より精度を高めた分析方法のことです。

 

MACDで利用する2つの移動平均線は、MACD線とシグナル線の2つです。

 

MACD線とは、長期と短期の2つの移動平均線の差を1本のラインにして示したもので、シグナル線とはMACD線を平均して線にした移動平均線のことを指します。

 

このようにいうとかなり難しそうですが、実際にチャートを見て分析する時には比較的単純で分析しやすい方法です。

 

理屈が分かればすぐにどなたでも取り組むことができるでしょう。

 

しかし、MACDで出る売買サインは必ず当たるわけではありません。

 

違うパターンもあることを頭においておくことが重要ですし、この方法だけに頼って分析を行ってしまうと予想と違う相場の動きになってしまうこともあるので、他の方法と合わせて使うことをオススメします。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは逆張りを狙う手法です。

 

逆張りとは、買われすぎの状態や売られすぎの状態で予想をして注文をすることです。

 

振り子で考えると分かりやすいのですが、振り子の玉は左右どちらもに移動しますが、一定以上は移動することができません。

 

左に移動している状態で、もうすぐ右に触れるだろうなという時に注文を入れることを逆張りと言います。

 

相場で例えるなら、上昇トレンドの時に売り注文を入れることですね。

 

もちろんそのまま上昇トレンドが続けば含み損は大きくなってしまいますが、相場が反転すれば大きな利益を出すことができるので、多くの投資家が使っている手法になります。


ストキャスティクスでは、「%K(パーセントK9」「%Ⅾ(パーセントD)」「slow%Ⅾ(スローパーセントD)」の3つの線を見ながら分析を行います。

 

基本的には「%K」と「%Ⅾ」の2つの線を使い、決まった計算式に当てはめて0~100%の中で現在どこに位置しているのかで売られすぎなのか、買われすぎなのかを判断します。

 

この計算式は少し面倒なので、ほとんどの投資家の方が自動で計算してくれるサイトやインジケーターを使って分析を行っています。

 

逆張りで予想が的中すると大きな利益を出すことができるため、ぜひとも覚えておきたい分析方法になります。

 

しかし、一方向にのみ相場が動いている時にはあまり参考にならないので、他の分析方法と合わせて使うようにしましょう。

 

まとめ

FXをする上で相場を分析することはとても重要です。

 

まだあまり分析をしたことがないという方は比較的勉強しやすいテクニカル分析から始めてみることをオススメします。

 

初めてテクニカル分析を行う時は知らない用語ばかりが並んでいて難しそうだと感じるかもしれませんが、理屈をしっかりと理解すればどなたでも根拠を持って相場を予想することができます。

 

予想が当たると分析方法の勉強もFXでの取引もより楽しくなると思いますので、ぜひこの機会にしっかりとテクニカル分析を勉強してみてくださいね!

 

私が使用している「ゾーントレード」はこちら

検証 ゾーントレード - Tomy FX ~専業トレーダーのブログ~

 

 

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等の内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

キャンペーン期間終了の場合もありますのでご注意ください。

投資助言を目的とするものでありません。

投資は自己責任でお願いします。

 

 

海外FX・仮想通貨の税金【確定申告】 - Tomy FX ~専業トレーダーのブログ~